« 私の書斎 | トップページ | 日本のポップパワー »

2006年7月 8日 (土)

人事

当社で職級が上がるケースで不思議な経験をしました。

私が担当していた支店の支店長さんなのですが、成果を上げていた支店長さんより、成果を上がられなかった支店長さんのほうが上位職級になったのです。

どちらの支店長さんも人柄はまったく問題なし。部下からの慕われ度も同じ。そして同期入社。
頭のいい方は、成果を上げていたA支店長さん。心臓に毛が生えているのは、成果が上がっていなかったB支店長。

A支店長は、頭がいいので本部からの指示も、一を聞いて十を知るタイプ。理解度が高く、本部の意図がすぐわかり、厳しい環境にもかかわらず目標を達成します。
B支店長は、A支店長に比べるとちょっと理解度が落ちるので、何度も本部に確認してきます。従って本部にいる役員ともよくお話をすることになります。しかし、厳しい環境はA支店長のところと変わらずで、頑張りますが目標達成できず。

たぶんボーナス査定は、目標達成度で決まるのでA支店長が多いはずですが、上位職級に引き上げられたのは、B支店長。こうなると、ボーナスで少し多くもらったとしても、職級が違うと年収では当然上位職級が上となるはずです。

支店を担当していた私にとっては、この二人の支店長さんの差が何なのかまったくわかりません。
単に役員の覚えが違うということですかね。

|

« 私の書斎 | トップページ | 日本のポップパワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/2554386

この記事へのトラックバック一覧です: 人事:

« 私の書斎 | トップページ | 日本のポップパワー »