« 人が育つ会社をつくる | トップページ | クール・ジャパン »

2006年8月28日 (月)

格差社会

格差社会(週刊ダイヤモンド)

8月28日発売の週刊ダイヤモンドは、格差社会の実像をまざまざと見せつけるもので、読んでいて背筋が凍った。雑誌の表紙も「リストラ父さん フリーター息子 悲惨世代」という衝撃的なもの。昨年の1月くらいから「格差社会」「2極化」に興味を持ち、数々の本を読んだつもりだが、今回の特集は、悲惨な実態がルポされている。
もはや、格差問題やフリーター問題について議論している場合ではない。
一部には、フリーターやニーとは若者の甘えとか言う議論もあるが、多くの若者は好きでフリーターをやっているわけではない。バブルの頃は、誰でも大会社に就職し、会社ではバブル世代はお荷物だと言われながらも、まともに給料をもらい、年金も健康保険も払った上で、十分な生活をしている。バブル後は、企業側が一気に正社員を取らなくなり、能力的には、バブル時代の社員より上にも関わらず、非正規社員としてしか採用してもらえなくなっている。企業はこの間に経営を立て直してはいるものの、非正規社員の賃金をあげることもせず(一方的に解雇もして)、会社の利益を上げている。それも大手のメーカーがなりふりかまわずやっているのだ。景気が上向いてきたからと言って、今のフリーターを正社員にすることはしない。企業は、フリーターをする人間なんて採用しようともしないし、そのキャリアも認めない。でも、企業が立ち直ってきたのは、さんざんフリーターを利用してきたのでしょう。

若者も悲惨だが、中高年も悲惨だ。リストラで切られてしまい、年齢的にまともな就職口もみつからず、生活保護以下の生活を強いられている人が多いのだ。現在、ワーキング・プアと言う言葉がある。働いても働いても満足な賃金が得られず、貧乏な生活から抜け出せない人たちだ。なんとか生きるために、睡眠時間をほとんど削って、いくつもアルバイトを掛け持ちしたり、食うに困って、闇金融に手を出してしまったりしている。年間3万人の自殺者が出ているのだ。中高年には、家族を養っている人が多い。満足に食事もできない稼ぎでは、子供に教育を与えることも不可能だ。鉛筆やノートも買えない子供たちが大勢おり、不憫でならないし、いったい為政者は何をしているのだと怒りを覚える。(為政者だけでなく、低賃金労働者を使って金儲けをしている経営者もしかりだ)

高名な経営者がテレビでもっともな事を言っているが、あなたの会社の工場では人の尊厳が守られているのですか。ホリエモンや村上世彰を非難する資格があるのですかと問いたい。お金万能主義ではないというなら、まじめに働く人々に、人間として生活できる賃金を与えてから、日本の資本主義は違うんだと言ってもらいたい。

現在、下層約2割(2000万にくらい)が、厳しい生活を余儀なくされているようです。この人々を見捨てていては、きっと自分たちの生活に振り返ってきます。
経済は上流階級がモノやサービスを買ってくれるだけでは拡大しません。国民がみんなで豊かになることで、経済も発展するのですから、下流と言われる人々を見捨てることは、自分で上を向いてつばを吐くようなものです。
希望の持てる日本にするためには、みんなで声を上げましょう。一人ひとりのブログも広がれば、きっと大きな力になると信じています。

|

« 人が育つ会社をつくる | トップページ | クール・ジャパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/3236333

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会:

» 鳶が鷹を産むことは珍しくない、だが鷹は鳶に育つ。鷹が鳶を産む、鳶は鷹に育つ [わたしはわたしはわたしは・・・]
自分とこのblogで世代間格差に触れてからわずか10日程、週刊ダイヤモンドの記事が出たらしいです。世の中、苦労を知らない今の学生さんや、血の小便出かかるくらい働いた経験のない人や、世界の狭い人のなかには「格差社会なんてむかしからあった」とか「意識させようとして..... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 09時55分

» 鳶が鷹を産むことは珍しくない、だが鷹は鳶に育つ。鷹が鳶を産む、鳶は鷹に育つ [わたしはわたしはわたしは・・・]
これ、実は珍しく投稿前に一寸やめとこうか、と自制心が働き、 何度か書き直したあげく、どーやってもまとまらずに、1週間ほど うっちゃらかしになったアーティクル。 うっちゃらかしにした理由の一番は、 自分では一面の真実だと思うけれども、その反面、 海国兵談での露..... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 09時58分

» 悲惨世代:今日のキーワード [キーワードで見る今の旬!]
悲惨世代・・切ないキーワードですね。 [続きを読む]

受信: 2006年8月30日 (水) 22時57分

» 消費者金融の登録番号の見かた [消費者金融ブログ]
金融業を営むものは、必ず貸金登録を行わなければいけません。これは、広告などで宣伝する際も必ず記載しないといけませんので、正規の金融業であれば広告のどこかに登録番号がのっているはずです。登録番号は「東京都知事(1)第12345号」のような形で表され、3年毎の更新が必要です。カッコ内の数字は登録の回数を示しています。(1)の場合、1回目の登録なので、社歴が3年未満だとわかります。(8)の場合、登録後の開業から21年以上24年未満と�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 14時40分

» アイフル、希望退職400人募集 業績悪化店舗も大幅削減 [消費者金融調査室]
消費者金融最大手のアイフルは20日、グループの正社員と非正社員合計約1万1000人のうち最大約1900人を希望退職などで削減し、09年3月をめどにグループ全体の有人店舗を現在の820店から213店まで減らす、と発表した。貸金業の規制強化で経営環境の悪化が見込まれ、抜本的なリストラが避けられないと判断した。消費者金融各社は利息制限法の上限(年20%)を超えるグレーゾーン金利の撤廃決定を受け、店舗統廃合など抜本的なリストラ策を急いでいる。傘下の日本法人を通じて「ディック」などのブ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 21時23分

« 人が育つ会社をつくる | トップページ | クール・ジャパン »