« ヤバい経済学 | トップページ | ドコモが銀行を追い抜く日 »

2006年8月12日 (土)

強い会社をつくりなさい!

「強い会社をつくりなさい!」小山昇

ダスキンの代理店をしている一会社の社長の訓示話です。
仕事をする上での心得が次々と読みやすく書かれています。
こじんまりした小山社長の企業だから、社員全員が小山流の仕事をしていけるのでしょう。しかし、大企業だから、小さな企業の心得が使えないわけではありません。大企業の組織に流されがちな人にとっては、本書の心得を胸に刻んで仕事をしたいものです。きっと強い会社になります。
小山社長の会社でも、社員やパート、アルバイトの最大の関心事は自分の給料だといいます。しかし、その“一番気になる給料”の元になっている“会社の数字”には、ほとんど関心がないといいます。会社の数字は他人事なようです。
わが社でも給料の元になる会社の取扱高や利益をどれだけ気にしているでしょうか。
本当に強い会社になるためには、それらの数字を知り、経営に参画する気持ちが必要です。小山社長の会社のように少人数だから経営に参画させていけるのではなく、大企業でも工夫次第で出来ることだと思います。

強い会社をつくりなさい Book 強い会社をつくりなさい

著者:小山 昇
販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ヤバい経済学 | トップページ | ドコモが銀行を追い抜く日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/3030053

この記事へのトラックバック一覧です: 強い会社をつくりなさい!:

« ヤバい経済学 | トップページ | ドコモが銀行を追い抜く日 »