« 「人口減少社会のメガトレンド」  | トップページ | 技術空洞 (ソニー物語) »

2006年8月12日 (土)

遺伝子が解く!万世一系の秘密

「遺伝子が解く!万世一系のひみつ」 竹内久美子

動物行動学のおなじみの竹内久美子の相変わらずの作品です。最近は、出す本が同じパターンで飽きてしまいます。今回は、話題の女性天皇の話と思わせ、本を買わせる作戦です。
内容的は、生物の行動を解説するのがほとんどで、天皇の話はちょっぴりです。
日本の天皇家は、男系のY染色体を千数百年に渡り引き継いでいるそうで、ヨーロッパの王家の伝統とは随分違うようです。過去に女帝が現れたときも、天皇家のY染色体を持つ男子と結婚し、男の子をもうけ、Y染色体を途切れさせていません。
世界的にも相当珍しいのであれば、朱鷺(とき)と同じように天然記念物に指定してあげるとか、世界遺産に登録してもいいでしょう。
遺伝子レベルで天皇家の万世一系を守るのであれば、昔の天皇で精子をばらまいた子孫を探し出し、愛子さまの卵子と受精させることもできます。(たぶん、相当の数の男性のDNAを調べれば、天皇家のDNAが見つかる可能性は高いです)昔だったら、こんな不届きなことを言ったら不敬罪ですがね。

遺伝子が解く!万世一系のひみつ Book 遺伝子が解く!万世一系のひみつ

著者:竹内 久美子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「人口減少社会のメガトレンド」  | トップページ | 技術空洞 (ソニー物語) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/3029960

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子が解く!万世一系の秘密:

« 「人口減少社会のメガトレンド」  | トップページ | 技術空洞 (ソニー物語) »