« 仕事力 青版 | トップページ | 航空機テロ »

2006年8月10日 (木)

怖い中東情勢

イスラエルのヒズボラやレバノンに対する攻撃は治まる気配がない。
ヒズボラ側も国連の調停案を拒否するし。

ヒズボラといえば、80年くらいにイランでパーレビ国王が打倒され、ホメイニ氏が政権に就いたときに、イランの支援で作られたテロ組織だ。

ヒズボラは、イランやシリアのイスラムシーア派の支援で強大になり、今やレバノンの議会にも人を送り込むまでになっている。

このまま戦争が拡大し、イスラエルがシリアやイランまで攻撃しだすとどうなるのだろう。

石油価格は、NYマーカンタイルで最高値を更新し、日本でもガソリンの小売価格が最高値をつけている。

アメリカもイスラエルに天才ライス長官が行ったけど、どうも形ばかりで、本気で停戦させる気はないみたい。

戦争の拡大で、さらに石油価格が高騰すれば、どこが困るのだろう。
アメリカは困らないの?アメリカ国民は石油を多く消費しているから困るんじゃないの。米国資本のメジャーは、仕入れが高くなっても、高く売りつけるから困らないの?
中国なんて高度成長期なので、ダメージが大きいんじゃないの。中国経済が減速すると、(アメリカ人やヨーロッパ人は日本経済は中国経済圏の中にあると思ってる馬鹿が多いので)日本売りにもつながるのかな。

景気が下降して、インフレになるって最悪のシナリオじゃない。

戦争が早く終結することを祈る。

|

« 仕事力 青版 | トップページ | 航空機テロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/3010566

この記事へのトラックバック一覧です: 怖い中東情勢:

» 中東 [共通テーマ]
紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。 [続きを読む]

受信: 2006年8月11日 (金) 12時41分

« 仕事力 青版 | トップページ | 航空機テロ »