« 悪夢のサイクル | トップページ | 人口が世界を変える »

2007年3月18日 (日)

Dolce ドルチェいろいろ

「ドルチェ」(DOLCE)

ドルチェとは、イタリアの料理用語でスイーツ(デザートや菓子)のことです。しかし、音楽記号では、甘くやわらかくという意味です。
最近の音楽CDでは、千住真理子が「ドルチェ」というアルバムを出しています。本アルバムは、最近流行りの音楽の短編集という感じです。まさに有名なきれいな音楽ばかりで、ドビュッシーの月の光だとか、パッヘルベルのカノン(一人で多重演奏)などの美しい音楽ばかりで、心を落ち着けたい時に聞くにはいいかも知れません。本アルバムでは、最近よくみなさんが演奏するラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」も入っており、私的には一番好きな演奏ですし(単に個人的に好きな曲なのでそう思うかも知れないですが)、ドルチェの名前にふさわしい1曲です。

タイトルで同じ「ドルチェ」では、女優兼モデルの松下奈緒のピアノ曲があります。こちらは、自作も多いピアノ曲集で、私の持っているアルバムでは一番の癒し系です。テレビの主題曲や自身で出演した映画のアジアンタムブルーの曲などを演奏しています。女優より、ピアニストとしての方が表現力があるように思うのは私だけでしょうか。とにかく心に染み入る演奏力です。ドルチェの甘くやわらかにというだけでなく、静かで穏やかな雰囲気を醸し出しています。夜、寝る前にでも聞くと本当に心が落ち着きます。このアルバムはクラシックコーナーではなく、J-POPのコーナーで売られていますが、バイオリンの川井郁子がクラシックコーナーなら本アルバムも同じだと思うのですが。

もうひとつ「ドルチェ」という名前のつく最近のアルバムとしては、松田理奈の「Dolce Lina」があります。本アルバムは、モーツァルトのヴァイオリンソナタを中心に小品を交えたアルバムです。ここにもフォーレの「夢のあとに」のように最近はやっている美しい曲も含まれています。松田理奈があまりにも可愛いため、アイドル系のようなジャケットですし、売られ方もそのようです。確かにジャケットに引かれて買う人も多いことでしょう。アルバム自体は、松田のヴァイオリンは控えめな感じで、伴奏のピアノがきれいに響いているのが耳につきます。今後の活躍が気になる松田理奈です。

バイオリンレパートリー 千住真理子/ドルチェ Book バイオリンレパートリー 千住真理子/ドルチェ

販売元:ヤマハミュージックメディア
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ドルチェ・リナ~モーツァルト:2つのヴァイオリン・ソナタ他~(初回限定盤)(DVD付) Music ドルチェ・リナ~モーツァルト:2つのヴァイオリン・ソナタ他~(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:松田理奈
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

dolce (DVD付) Music dolce (DVD付)

アーティスト:松下奈緒
販売元:ERJ
発売日:2006/10/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 悪夢のサイクル | トップページ | 人口が世界を変える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/5732910

この記事へのトラックバック一覧です: Dolce ドルチェいろいろ:

» 『BODY GLOVE』デニムショーツ [厳選500社の最新情報]
『BODY GLOVE』デニムショーツ カリフォルニア発のサーフブランド『BODYGLOVE』の新作登場です! 価 格3990円 http://nagabuchi.livedoor.biz/archives/53172013.html/ [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 19時20分

» ランボルギーニ 自動車 [ランボルギーニ 自動車]
ランボルギーニ自動車はイタリアの自動車メーカーで、正式名称はアウトモビリ・ランボルギーニSPAといいます。 所在地はボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼです。ここではランボルギーニ自動車の紹介をしたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 19時44分

» 耳掃除をどれくらいの頻度でしますか? [耳掃除をどれくらいの頻度でしますか?]
耳掃除をどれくらいの頻度でしますか? [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 19時55分

« 悪夢のサイクル | トップページ | 人口が世界を変える »