« 「子どものうつ」に気づけない! | トップページ | 情報革命バブルの崩壊 »

2008年11月 5日 (水)

経済構造の変化

昨夜、東大大学院教授の伊藤元重さんのセミナーを聞いた。
マスコミは、経済悪化を微に入り細をうがち報道して、悪い側面ばかり伝えたり、1929の世界恐慌の二の舞のような報道をするが、さすが大学教授の話で、世界経済を零細に分析し、どうして現状のようになったのか、過去の大恐慌と何が違うのかなどを説明してくれた。
経済が悪化してい悪い側面も多いが、中には良い兆しをきちんと見ているなと感じた。
伊藤氏の視点としては、以下。
1.金融の視点:しばらくは問題が続くだろうが、リーマンの破たんという一番恐ろしいものを見てしまったので、それ以上のことは起こらないだろう。しかし、中国への波及もあり、資産価格の下落⇒輸出の低迷と続き、世界経済への影響は大きい。
2.景気の問題:低迷はしばらく続くとの結論。日本は低成長であったが、世界経済は過去40年間で、直近8年間の成長が一番大きい。つまり、山高ければ谷深しとのこと。
3.世界経済:3年くらいで順調な軌道に。新興工業国が復活する。伊藤氏は楽観的にみている。

なぜ、こんな金融危機が起こったのかについては、面白い説明があった。(マスコミでは、グリーンスパンの舵取りを責めたり、新自由主義を非難したりしているが、かなり納得のいく説明に思った)

1.テクノロジーショック:本格的な技術革新が起こるとバブルが生まれる。29年も自動車や電機技術などが発達。現在は、IT化、デジタル化。
2.世界的な金あまり:先進国が一斉に高齢化。年金基金による金あまりが発生。⇒金融の世界が膨張
3.新興国の台頭:新興国は貯蓄率が高い。BRICsや産油国のマネーが米国に急激に流れた。⇒金融バブル

米国で金融バブルが破裂して、世界で需要不足が起こった。需要過多は米国だけ。日本は国内で金を使わないので、金は米国へ。世界中のものは米国が一手に買っていた。
つまり、悪いのは、米国がものを買いすぎたこと、金融の監督が弱かったこと、米国以外がものを買わないことの3つである。
経済がなかなか回復しないのは、米国が立ち直らないとものを買う人がいないので、米国の回復を待つ必要があるため。

日本は、どうするのか。円高で騒ぐが、85年の円高で不動産や流通などが儲け、バブルが生まれるくらい景気が良くなった。ただし、現在は、円高になっても、日本を引っ張る産業がない。
その場合は、政策を通して、需要をつくるしかない。高齢化してはいても金は持っているので、いかに高齢化の中で需要を作るかがポイント。
(新自由主義ではなくケインズ的です。オバマが勝てば、クルーグマンのいうような経済になるかも)

|

« 「子どものうつ」に気づけない! | トップページ | 情報革命バブルの崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/25050278

この記事へのトラックバック一覧です: 経済構造の変化:

» 金融 機関 [金融 機関]
金融 機関 [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 11時51分

« 「子どものうつ」に気づけない! | トップページ | 情報革命バブルの崩壊 »