« セキュリティはなぜやぶられたのか | トップページ

2010年5月14日 (金)

おかしな科学

「おかしな科学」 渋谷研究所X+菊池誠 (楽工社) 1500円

笑える本です。

2人の登場人物がぼけけとつっこみに分かれてにせ科学などについて語り合っていきます。
しかし、そのぼけ方のすごいこと。

爆笑問題のような感じですかね。

一番するどいと感じたところは、波動の話の中で、宇宙戦艦ヤマトの波動砲は120%のエネルギーを充填するがそれはエネルギーのロスが多すぎるとの指摘です。

そんな冗談も満載。電車の中で読んでいて、ニヤニヤしてしまいました。周りの人に変に思われるので、そっと一人で読むことをお勧めします。

|

« セキュリティはなぜやぶられたのか | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110149/34689150

この記事へのトラックバック一覧です: おかしな科学:

« セキュリティはなぜやぶられたのか | トップページ